私たちDIUSは2021年に創立した総合アドバイザリーファームです

WE ARE A GENERAL ADVISORY FIRM.

Declaration of Independence by United forces for Sustainably

SCROLL

PERSPECTIVE

DIUS has been launched.
太田 雅之

代表取締役社長

PERSPECTIVE

無形資産は、大丈夫か。

社会が正しく機能するために「足りない何か」を見つけ、なぜ、いまそれが存在しないのか丁寧に調べて探りあて、関連する事実を集め、仕立て直し、社会との対話を続けることで世論を醸成、新たな需要の火種を起こす。

このようなことを専門領域に、私は四半世紀にわたって伝統的なメディア企業で社会の課題と向き合う新事業の創出に尽くしてまいりました。

いま、私は3 つの「これから」を社会変革の兆しとして注目しています。

東証改革が起点となる企業価値のこれから。
東証の最上位市場となる「プライム」への編入を果たす企業はその後、いかに企業価値の源泉となる無形資産に注目し、投資し、極大化する道筋を描くことができるか。

ESG経営の進化のこれから。
社会正義と資本生産性の両立を超えた「稼ぐことが正義に直結する経営」を確立するためのカギは何か。

取締役会3.0と人的資本のこれから。
取締役会改革のなか、社外取締役が果たす役割は「助言」「監視」ではなく、「戦略を担う」ことが世界的な潮流に。その重責を担える誰を、いかに迎えることができるのか。

これら社会メカニズムの変貌、経営革新と企業組織の進化について探究、関心ある当事者と共有したいと考えました。様々な分野の研究者、実務家、哲学者など多くの権威を執筆陣に迎え経営情報誌を創刊。執筆陣と経営者が直接対話できるプラットフォームを構築します。

「すでに始まった未来」を日本企業に牽引してもらいたい。
そのような思いから、この事業を立ちあげました。

DIUSの第一歩が、未来に耀ける日本の新しい企業統治の選択肢としていつの日かお役に立てることとなれましたら幸いです。

太田 雅之

代表取締役社長

INITIATIVES

Outline of Business

事業概要

  1. プライム企業の経営陣に向け
    経営情報誌を2022年春、創刊いたします。

  2. 研究機関・学術機関と連携
    卓越した知見に溢れる有識者群 FACULTYを運営します。

  3. 第三者の中立的な知見を直接提供
    代表取締役の諮問機関を創設します。

ADVISORY
FIRM.

会社概要

COMPANY
PROFILE

  • 商号

    DIUS株式会社
    (ディー・アイ・ユー・エス)

  • 設立

    2021年3月31日

  • 本社

    東京都千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル2階

  • 代表者

    代表取締役社長 太田 雅之

  • 事業内容

    総合アドバイザリー ファーム
    経営情報誌の発行およびプラットフォームの運営

  • URL

    https://www.dius.co.jp

Constitution

私たちは、人類が直面するこの危機を乗り越えるためいまゼロから創りなおそうとされる新しい社会にとってなくてはならいミッシングピースを生みだすために設立されました。

私たちは、すでに起こった未来に向け、さまざまな組織における革新と覚醒の源泉となる「知」を探索し、これを顧客、社会と共有するために存在します。

私たちは、持続可能な社会への変革を念願し、「環境」と「社会」と「企業統治」の相互関係を支配する崇高な理想を深く自覚することは私たちの経営者と経営陣にとって当然の責務です。地球を愛する私たちの顧客と株主の公正さ、従業員の高潔さと誠実さを信託されることに最大の敬意を表すため、私たちは、私たちの企業価値を持続的に創造し続けようと決意しました。

私たちは、社会変革を牽引することへの貢献で、国や社会やあらゆる組織における専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努める国際社会において、名誉ある地位を占めたいと願っています。全世界の国民がひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを深く理解するからです。いずれの企業も、自社の利益のみに専念して、顧客、従業員、取引先、株主などステークホルダーの正当な立場を無視してはならないのであって、倫理的な行動による責任ある経営を果たそうとする企業道徳の法則は普遍的なものであり、この法則に従うことは、自社の資本生産性を向上させ、持続可能な社会を実現しようとするすべての企業の責務であると私たちは強く信じます。

私たちは、いま新たに設立された私たちの名誉と存亡をかけ全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することをここに誓います。

代表者
プロフィール

太田 雅之 MASAYUKI OOTA

1967年生まれ。 1991年日本経済新聞社入社。営業職(広告部門)を振り出しに、主に企画職として戦略事業の立案に従事した。2000年自治体決算の複式簿記化と統一基準化に取り組む。 総務省、研究者、実務家、首長らを委員に迎え、公会計改革研究会を設立。海外の制度などを参考に自治体の連結貸借対照表やアニュアルリポートの作成基準を開発し、公表した。編集特集やシンポジウムは大きな反響を呼び、自治体の公会計基準、開示基準の制度化(総務省)を牽引した。 2015年コーポレートガバナンス・コードが公表されるなか、無形資産(主に人的資本)投資の重要性に注目した一連の事業を立案、事業化を果たすなどこの分野の価値向上に貢献。 2021年DIUS株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。